メンテナンス

エンジンオイル交換

エンジンオイル交換

エンジンオイルは、お車のエンジンを洗浄・冷却・潤滑・防錆・気密の効果で守っています。
このオイルが劣化するとそれらの効果が正常に機能しなくなります。
その機能を持続させる為に定期的なエンジンオイル交換が必要となります。
3,000Km~5,000Kmでの交換をお勧めいたします。

オイルエレメント

エンジンの中を回って洗浄してきたエンジンオイルの汚れをろ過する役割を持ったフィルターです。
このフィルターのろ過機能が発揮できなくなった場合に交換します。
5,000Km~10,000Kmでの交換をお勧めいたします。

LLC(ロングライフクーラント)交換

LLCは、ロングライフクーラント(Long Life Coolant)の略で、ラジエーターに入れてエンジンを冷却する不凍液の事です。 この冷却水が高温になるエンジンの中を回り、エンジンを冷却しています。 冷却水が劣化すると、冷却機能や防錆機能が発揮できなくなる為、最悪の場合エンジンのオーバーヒートを引き起こします。

ブレーキフルード交換

ブレーキフルードは、運転者の踏んだブレーキペダルへの踏力を各タイヤ(キャリパーやホイールシリンダー)へ伝達する役割を持ったフルード(液体)です。 このフルードは、超高温となるブレーキの温度に耐えうるだけの性能を持っており、非常に過酷な環境下で機能しています。 また、このフルードは空気中の水分を吸う事で劣化し、水分を吸ったブレーキフルードは上記高温に耐えるための沸点が低下しており、ベーパーロック現象の原因となる為、交換が必要となります。

ATF(ATフルード)交換

ATFはオートマチック・トランスミッション・フルード(Automatic Transmission Fluid)の略で、AT車のミッションの中で駆動力の伝達を行う作動油です。 ミッション内部の金属粉や経年により劣化したフルードは、シフトショックや伝達力のロスが発生する原因となります。 尚、長距離・長期間ATFを交換していない車両のATFを交換する際は、ミッション保護の為、フルード交換作業をお受けできない場合がございます。 予めご了承下さい。

タイヤパンク修理

タイヤパンク修理

パンクしたタイヤでの走行は非常に危険です。 お出掛け先でパンクしてしまった際には、安全な場所でスペアタイヤへ交換していただき、パンクしてしまったタイヤは当社でも修理させて頂きます。 尚、パンクの状態によっては修理をお受けできない場合がございますので予めご了承下さい。

冬用タイヤストック

弊社へ冬用タイヤから夏用タイヤへのはめ替えをご用命頂きましたお客様限定で先着にて「冬用タイヤストック」を行っております。 かさばるタイヤを弊社で保管・管理させて頂きますので、是非ご利用ください。 なお、ストックエリアに限りがございますので、先着順とさせて頂いております。 早めのご予約をお願い致します。

オーディオ・ナビゲーション・ETC の販売及び取り付け

commimg soon!!

ムートン手洗い泡洗車

commimg soon!!

フロントガラスコーティング

commimg soon!!

その他のメンテナンス

タイヤパンク修理

上記以外にも車に関する各種サービスをご提供致しております。 お気軽にご相談ください。